トンボをつける

トンボをつける

Illustratorで印刷データをつくるときには、必ず「トンボ(=トリムマーク)」というものを用意します。

トンボ(トリムマーク)とは?

トンボは、印刷範囲や断裁のライン、加工する際の位置を示すための目印になります。一方でPhotoshopで印刷データをつくる時に「トンボ」は必要なく、仕上がりのサイズから3mm程度の塗り足しをつけるだけでも問題はありません。

トンボとは?

トンボ(=トリムマーク)を作成する方法

1.塗りと線を「透明=なし」にする

まずは、描画する「塗り」と「線」を透明に設定します。

塗りと線は透明にする

2.仕上がりサイズを設定

今回はハガキサイズ(横位置)幅148mm×高さ100mmのデータを作ります。

ハガキサイズ

 

3.作成した四角形を選択する

選択する

4.トンボを作成する

トンボの作成方法はいくつかありますが、今回は2種類ご紹介します。

A.オブジェクトから作成

[オブジェクト]→[トリムマークを作成]

オブジェクトから作成

B.効果から作成

[効果]→[トリムマーク]

効果から作成

その後に[オブジェクト]→[アピアランスを分割]

アピアランスを分割

指定のサイズでトンボが完成し、デザインライン、塗り足しライン、実寸ラインを明確にします。ピンクの断裁ラインは、印刷後に指定のサイズにカットされるラインになります。また、デザインは、塗り足しラインまで3mm大きく作成します。

試しに、はがきサイズでデータを作ってみましょう。

cat photo

そして、実際に印刷されるはがきのデザインは下図のようになります。

完成

無事に背景画像や文字などが、切れずにきちんと印刷されました。これで、トンボのつける方法は問題なさそうですね。