テキストのアウトライン化

テキストのアウトライン化

テキストのアウトライン化って何だろう?

名刺やPOPを作成する際、データ上ではそれぞれ訴求したい内容によって「画像」や「テキスト」を適切なレイアウトで配置します。そして「テキスト」にはいくつかの書体(フォント)がありデザインイメージによって「明朝体」や「ゴシック体」などから選んで配置しますが、選んだフォントにより修正作業やデータ入稿ではミスにつながることがあります。

例えば、デザイナー(Aさん)が、「ヒラギノ明朝 StdN W5」というフォントを使って作成したデザインデータがあるとします。そのデータを、他のデザイナー(Bさん)が修正する際「フォントデータがありません」と警告文が出て、別のフォントに置き換えられてしまうことがあります。

その原因は、デザイナー(Aさん)のPCにインストールされているフォントデータが、デザイナー(Bさん)のPCにはない。という単純な理由です。

また、印刷データとして入稿した場合に、現物が手元に届いてから、フォントが違う!と気づくこともあり得ます。

そういったミスを防ぐためにも、印刷データとして入稿をする際には、必ずテキスト(文字)をアウトライン化(図形化)する必要があります。

文字を図形データに変換すること

上の図のように、テキストを入力したまま(編集可能な状態)ではなく、「文字を図形データに変換すること」パスデータに変換することで、フォントの有無に関係なく作成したとおりのデザインで表示・印刷されるようにすることを「アウトライン化」といいます。

 

それでは実際に、テキストのアウトライン化の手順を確認していきましょう。

1.レイヤーのロック解除と非表示レイヤーを表示

はじめに、テキストの配置されたデザインデータを開きます。

任意のテキストを配置

上の図では、OUTLINEを「Helvetica」アウトラインを「新ゴ」のフォント(書体)を利用しています。

次に、作成したデザインデータを見ながら、レイヤーパレットの「ロックをすべて解除」と「非表示レイヤーをすべて表示」を行います。

レイヤーのロック解除と非表示レイヤーの表示

念のため、確認の作業としてメニューの[オブジェクト]→[すべてをロック解除]と[すべてを表示]の文字が、選択不可のグレー表示なっていればOKです。そうでなければ、ロック解除されていないレイヤーか非表示のままのレイヤーが存在しているので、もう一度「ロック解除」と「非表示レイヤーをすべて表示」を確認してください。

すべてをロック解除

2.アウトラインを作成

[選択]→[すべてを選択]または[Ctrl]+Aで、すべてのレイヤーを選択します。

[書式]→[アウトラインを作成]でテキストをアウトライン化することができます。

アウトラインを作成

編集可能だったテキストデータが、上の図のように図形化されればOKです。

3.フォント検索で最終チェック

フォントデータのアウトライン化がきちんと出来ているかの確認のため、[書式]→[フォント検索]でパネルを開きます。

フォント検索

ここでアウトライン化されていないテキストデータがある場合には、ドキュメントフォントの欄に「フォント情報」が表示されます。何かのフォント情報が表示されている場合には、もう一度テキストのアウトライン化をしましょう。

フォント検索パネル

4.アウトライン化完了

フォント情報が何も表示されていなければ、テキストのアウトライン化は完了になります。

アウトライン化完了

このように、フォントデータをアウトライン化(図形化)することで、他のデザイナーのPCや印刷会社側などフォントデータの有無に依存せずデータが正常に開ける、または印刷ができるようになります。

補足

アウトライン化する前にデータをバックアップ保存しておくこと!

このアウトライン化という作業は、印刷データを入稿する際などは必須の作業のひとつですが、アウトライン化する前のデータを必ずバックアップで保存しておくようにしてください。

例えば「outline.ai」というデータを作成したらコピーし「outline_ol.ai」と名前を書き替えて入稿用のデータにします。万が一、文章の修正が入った場合にも「outline.ai」のデータであればテキストの修正が可能です。このように後々の修正のことも考え、アウトライン化の前のデータはコピーして保管するようにしましょう。