ガイドを作成

ガイドを作成

入稿データは、実際に印刷されるサイズよりも約3mm大きくデータを作成しますが、作業上、視覚的に判断がしやすいように、ガイド(塗り足し線や文字切れをしないように引くデザインラインなど)を引いて入稿データを作成します。Illustrator上での「青線」がそれに当たります。

ガイドの名称

1.ガイドを作成してみよう

ガイドを作成したい形(要素)を作ります。

正方形を作成

 

形(要素)を選択し[表示]→[ガイド]→[ガイドを作成]で青線のガイドが作成されます。

ガイドを作成

すると、

正方形のガイドができました

もうひとつの方法は、形(要素)を選択肢、右クリックで表示されるパネルから[ガイドを作成]を選択すれば、同じようにガイドが作成されます。

右クリックからガイドを作成

四角形だけでなく星型など形にとらわれずにガイドは作成することができます。

星型のガイド

さらに、データの中心線(センターライン)や折加工を入れる箇所にガイドを引きたい場合には、定規からガイドを作成することもできます。

▼定規が非表示の状態

定規が非表示の状態

[表示]→[定規]→[定規を表示]でアートボードの左と上に定規が表示されます。

定規を表示

定規が表示されました。

定規を表示

定規のメモリ部分にカーソルを合わせ、ドラッグすることでガイドが作成されます。

2.ガイドをロック&解除

[表示]→[ガイド]→[ガイドをロック]または[ガイドをロック解除]で、ガイドを固定したり移動したりすることも可能です。

三つ折りパンフレットガイド

三つ折りパンフレットなどの、折加工の目安としてガイドを引いておけばデータ作成の際に便利ですね。ぜひぜひ活用してみてください。