テキストに応じて拡張するポストイット

テキストに応じて拡張するポストイット

商品の広告などでよく使われる「ポストイット」ですが、テキストと背景の四角形を別で作成していると文字の量によって図形の大きさも変形させなければなりません。この手間を改善するコツとして、テキスト自体に「形状に変換」の効果を利用する方法があります。これを覚えておけば数回にわたる作業が半分は減らせるので是非覚えておいてください。

それでは、見ていきましょう。

1.任意のテキストを入力

ポストイット内に表示させたいテキストを配置してください。

任意のテキストを入力

2.ポストイットの色を指定する

背景の四角形にしたい色を、まずはテキストの「塗り」として適用します。文字色の下に配置するようにしてください。

ポストイットの色を指定する

3.オブジェクトのアウトラインを適用する

[効果]→[パス]→[オブジェクトのアウトライン]を適用します。

オブジェクトのアウトラインを適用する

すると、黒で塗られたテキストの下に黄緑のアウトラインの塗りが適用されました。

4.形状に変換を適用する

[効果]→[形状に変換]→[長方形]を適用します。

形状に変換を適用する

オプション設定では「値を追加」にチェックを入れ、好みの幅と高さを指定します。

すると、テキストを囲むように四角形の背景が出来ました。

5.文字数を増やして改行してみる

さらに改行をしてテキストを追記してみると、自動的に四角形も変形してくれます。

文字数を増やして改行してみる

6.影をつけてリアルに見せる

さらに、アピアランスの「文字」を選択し、[効果]→[スタイライズ]→[ドロップシャドウ]を適用します。

影をつけてリアルに見せる

ドロップシャドウのサイズは、好みで指定してください。
すると、影がついてポストイット感が増しました。

7.角丸長方形にしてみる

先程の[効果]→[形状に変換]から[角丸長方形]を選択してみます。
すると、背景の黄緑が角丸になりました。

 

角丸長方形にしてみる

8.楕円形にしてみる

今度は[効果]→[形状に変換]から[楕円形]を選択してみます。
すると、背景の黄緑が楕円形になりました。

楕円形にしてみる

まとめ

いかがでしたでしょうか。これまでテキストと図形を別に配置していた時と比べると効率が良いですよね。ポストイット風の表現をする際は、是非こちらをご参考ください。