RGBとCMYKの違いと性質

RGBとCMYKの違いと性質

RGBとCMYKの違いって知っていますか?

データを印刷する際に、ディスプレイ上でデザインデータを見ている色と実際に印刷してみると何だか色が違う・・・。という経験ありませんか?
細かいことを言えば、プリンターの性能により色の再現力(鮮やかさ)はもちろん違います。

プリンター性能の良し悪しではなく“ 色のカラーモードつまり、 「RGB」と「CMYK」について解説していきたいと思います。印刷データを作成するにあたって、このカラーモード「RGBとCMYK」のことは避けては通れませんので、きちんとその違いについて理解しておきましょう。

RGBとは

RGBとは、「R (Red/赤)G (Green/緑)B (Blue)/青」という光の三原色”によって色を表現する方式です。3つの色が混ざり合うことで、多くの色を表現できるようになっています。

下図のように「赤、緑、青」の色が強く混ざり合うほど「白」に近づき明るくなっていきます。

RGB光の三原色

RGBは3つの色が混ざれば混ざるほど、明るい色になっていくため「加法混合(かほうこんごう)」または「加法混色(かほうこんしょく)」と呼ばれています。

それから、RGBは「光」を使って色を表現するもので、身近なところでは「PCのディスプレイ、スマホの画面、デジタルカメラのモニター」など、数多くのデバイスで利用される液晶の表示部分に数多く利用されています。少しややこしいですが、光源自体が光を発生させRGBをつくっています

CMYKとは

CMYKとは、「C ( Cyan/シアン )M ( Magenta/ マゼンダ )Y ( Yellow/イエロー )K ( Key plate/キープレート(黒とか墨) )」の色の三原色”と黒を用いて色を表現する方式です。

下図のように「シアン、マゼンダ、イエロー」の色が強く混ざり合うほど「黒」に近づき暗くなっていきます。実際には、3つの色だけでは厳密な「黒」を表現できないため、4つ目の色として「K (黒)」が用いられています。ちなみに「K=Black」ではなく「K=Key plate」の頭文字からきているそうです。ずっとBlackのKだと思ってた・・・。という人も多いと思いますが、雑学として誰かにも教えてあげるといいですね。

CMYK色の三原色

このように、CMYKはCMYの3つの色が混ざれば混ざるほど暗くなっていくため「減法混合(げんぽうこんごう)」または「減法混色(げんぽうこんしょく)」と呼ばれています。
※CMYKのことをプロセスカラーと呼ぶこともあります

それから、CMYKは「インク」を使って色をつくるカラー表現で、紙やフィルムなどの印刷物に数多く利用されています。プリンターで印刷(出力)されるものは、おおむねCMYK方式にて印刷がされています。つまりRGBとは違い、CMYKのインクによって色がつけられたものが、光によって色を判別できるということ。

RGBとCMYKの違い

では、実際に「RGBとCMYK」の違いは何か?というと、色の再現力に差があります。RGBとCMYKで再現できる色の数は、次のように違いがあります。

色の再現力

RGBは、それぞれが256階調あるため、256✖256✖256=16,777,216色 (1677万7216色)

CMYKは、それぞれが101階調あるため、101✖101✖101✖101 =104,060,401色(約1億)

つまり・・・

RGBCMYK

ですが、実際のところ人の目が色の違いを判別できる数は限られていています。

人の目が色の違いを判別できる数

さらに、CMYKの方が色の表現できる数が多いけれど、RGBで表現できる色をすべて表現できるわけではありません。つまりRGBでしか表現できない色というものもあるということを覚えておいてください。

なぜそんな違いが生まれるのか?

その理由は、そもそもRGBとCMYKでは「色」の性質が全く違うということにあります。

「色」というものには大きく2つのタイプがあり。

①光源そのものが発する色(光源色)」と「②光源から光を受けて反射する色(=見える色)」に分けられます。

また、光の三原色であるRGB色の三原色であるCMYKでは、完全に同じ色を表現ができません。こういった理由から、 ディスプレイで見ている色と印刷された色が違ってしまうということが起こるんですね。

印刷するものはCMYKでつくること!

RGBで作成した書類やデータを印刷するとCMYKのカラーモードに変換され出力されます。つまりはCMYKから似たような色(=近似色)を選んで印刷をするようになっているため、ディスプレイで見ていた色よりも、少しくすんだ色で刷られるようになっています。なので、印刷するものは制作段階からCMYKのカラーモードで作るようにしましょう。

WEB用のバナー画像などはRGBで!

パソコンのディスプレイ上で利用される「バナー広告」や「写真画像」などは、必ずRGBで作成します。特に、色味が重要になってくる商品やフードメニューなどの画像素材はCMYKモードにしてしまうと色味が落ちてしまいますのでご注意ください。

カラーモードの設定方法

Illustratorの場合

▼新規で作成するとき

Illustratorで[新規ドキュメント]を作成する際に、[ファイル]→[新規]→[詳細設定]のパネルの「カラーモード」から「RGBとCMYK」のどちらかを設定することができます。

Illustratorでの新規ドキュメント作成

▼作業途中で別のカラーモードを確認したいとき

[ファイル]→[ドキュメントのカラーモード]から「CMYKやRGB」を選択しカラーイメージを確認することができます。

▼実際の画像でRGBとCMYKを確認してみる

Illustrator_RGB
↑RGBの場合
Illustrator_CMYK
↑CMYKの場合

若干、トマトとイチゴの赤みがCMYKよりもRGBの方が、鮮やかに見えますね。

Photoshopの場合

▼新規で作成するとき

Photoshopで[新規ドキュメント]を作成する際に、[ファイル]→[新規]→[詳細設定]のパネルの「カラーモード」から「モノクロやRGB、CMYK」など設定することができます。

Photosopでの新規ドキュメント作成

▼作業途中で別のカラーモードに変更したいとき

[イメージ]→[モード]から「グレースケールやRGB、CMYK」など別のカラーモードに変更することができます。

作業途中で別のカラーモードに変更したいとき

▼作業途中で別のカラーモードを確認したいとき

[表示]→[色の校正]から「CMYK」でのカラーイメージを確認することができます。

色の校正

▼実際の画像でRGBとCMYKを確認してみる

Photoshop_RGB
↑RGBの場合
Photoshop_CMYK
↑CMYKの場合

こちらもトマトとイチゴの鮮やかさを比べると、RGBの方が発色が良いのがわかりますね。

まとめ

このように、RGBとCMYKのカラーモードにはそれぞれ特徴があることがわかりました。画像データを利用する場面においてどのように扱われるものなのかによって使い分ける必要があります。WEB上での閲覧のみになるのか、印刷するのかどうか?という点を踏まえて適切なカラーモードを選択できるようにしていきましょう。